あっ見えちゃう! 洞口依子の入浴シーン

バスタブに身を沈めシャボンと遊ぶ−。女優の洞口依子が登場する見えそうで見えない入浴シーンが動画サイト「YouTube」で話題を呼び、アクセス数が急増している=写真。

 正体は、洞口が映像作家の石田英範と組むウクレレユニットの1stアルバム「PAITITI」(ジェマティカ・レコーズ)のプロモーションビデオ。洞口といえば、夕刊フジ金曜コラムをはじめエッセイストとしても注目される“多才人”。ウクレレは、友人でもあるサザンオールスターズの関口和之の勧めで始めたという。

 「音楽は、映画やドラマとは違う表現を学ばせてくれる。私はプロじゃないから、バンド活動は学園祭みたいなもの」と洞口。アルバム制作はロンドンで行い、PVもウルトラマン映画などで知られる原口智生監督が手がけるなど本格的だ。

 「現場は原口監督率いる特撮スタッフ。『着ぐるみじゃない生身の女だ!』ってすごく珍しがられたの(笑)。イメージは『シャボンと女と夜』。色っぽいけど、ちょっとカワイイでしょ」

 これまでがん闘病、パニック障害などを乗り越えてきたが、全裸で臨んだというPVからは「女は健在よ!」という心意気も伝わってくる。


洞口依子/ミカドロイド 
| 小説

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。