文字化 〜イチロー少年の作文〜

文字化 〜イチロー少年の作文〜

世界のイチローは小学生時代の「作文」も非凡だった
よく受験生が「必勝!○○大学合格!」と紙に書いて自分を追い込んでいます。会社や学校でも組織・団体として取り組むべき目標を「標語」として掲げています。頭の中で思い描いている目標を文字にすることによって、考え方をはっきりさせたり、見るたびに思い返させる効果があります。

そこで、大リーグで活躍するイチロー選手が小学校6年生のときに書いた作文をヒントにします。

「僕の夢」

僕の夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。活躍できるようになるためには、練習が必要です。僕は、3才の時から練習を始めています。3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は激しい練習をやっています。だから、1週間中で友達と遊べる時間は、5〜6時間です。

そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。そして、中学、高校と活躍して、高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西部ライオンズです。ドラフト入団で、契約金は1億円以上が目標です――(以下略)
                  
愛知県西春日井郡 とよなり小学校   
6年2組 鈴木 一郎


(「人生設計塾」未来からの便り から引用)


小学6年生らしからぬ明確な目標です。自分の少年時代を振り返っても「将来の夢はプロ野球選手」と書く子供はたくさんいましたが、「契約金1億円」と書いた子供はいませんでした。ここまで具体的に書くことによって、イチロー少年の夢実現への意欲が、一層強まったのではないでしょうか。


立体化 〜10年後の仕事・家族・ライフスタイルは?〜
市場価値測定研究所の藤田聰社長が推奨する方法は、期限を定めたり、文字で記載する点では前の2つの方法と同じですが、目標を達成したときのイメージを「多角的」に表現することと、一定期間ごとに「中間目標」を設定するのが特徴です。


多面的に夢をとらえる
例えば10年後に独立したいという目標を持っている人に対して、その時点での「家族構成」や「ライフスタイル」などについてもイメージするのです。「10年後は独立して事務所を構え、従業員は10名採用し、自宅は一軒屋を建てて4人家族で済む、週末は家族とレジャーを楽しむ」という具合です。目標が彩り鮮やかになり、達成のイメージが湧きやすいと思います。

さらに10年後の目標を基点に、5年後・3年後の目標もあわせて定め、現状とのギャップを明らかにする効果が望めます。


「思い」を強くもとう!
夢を「具体化」させる3つの方法をご紹介しました。3つに共通しているのは「夢を強く思い続ける」ことではないでしょうか? 一度「自分の夢」をゆっくりイメージングすれば、答えのヒントが見つかるかもしれません。
| 小説

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。